• ホーム
  • 薄毛治療薬の耐性について

薄毛治療薬の耐性について

薄毛はとてもつらいものです。
特に、若い女性の場合には、薄毛で悩んでいる人が多くおられます。
薄毛になってしまう原因としては、大きなストレスにより体がついて行かない状態になってしまったケース、またはいじめなどによる精神的ストレスなどの他にも、過酷なダイエットなどにより、髪の毛や頭の皮膚に栄養がいかなくなってしまった結果、薄毛となってしまうことがあります。
医療機関を訪れれば、これらの薄毛に対して、処方箋などを出してくれるケースがあります。
ただ、出される薬や処方箋の量を間違えてしまうと、頭の皮膚や体自身がうまく耐性できず、かえって、体に悪影響を与えてしまうことがあります。
たとえば、これらの薄毛の処方箋については、皮膚科の先生が処方してくれるケースがありますが、その場合にも、使う量などについて、かなり十分な説明がおこなわれます。
たとえば、一日にこれだけの量のみをつかってください、これだけの量以外は使用しないでください、などの取り扱いに対する説明の他にも、体調の管理や、体が耐性がうまくできるか、様子をみてください、などの注意がなされます。
これは、個人差がありますが、薄毛の処方箋で、髪の毛が増加する人もいれば、かえって、ホルモンなどのバランスとの相性や耐性が悪く、うまくいかないケースがあるためです。
また、使う人以外が、ふれてしまったり、小さなお子さんや赤ちゃんが触れてしまうと、悪影響をおよぼしてしまうこともあるため、取り扱う際には、置く場所などにも、十分な注意が必要となっています。
逆に、体に耐性ができていたり、健康状態がよくなったり、量がきちんとできていれば、薄毛から脱却できる方もおられます。

関連記事